小さな子供の発病時のサインについて紹介しているサイト

>

文明の進化と死亡率の低下

食欲不振や発熱

発熱や食欲不振は典型的な不調のサインの1種で、軽症から重い病まで幅広い病気のサインですので甘くみてはいけません。
かといって人の体調はさまざまな理由や要因で変化するものでもあるので過度な心配が毒になってしまうケースもあります。
起こり得る可能性について知り、知識として持っておくことが大切です。

子供のうちは風邪をひきやすく、また風邪様症状のさまざまな病気の可能性があります。
手足口病なども風邪の一種ですが、初期症状としてまさに食欲不振や発熱が見られることが多いので子供が小さい内は感染率が高い病気なので注意しておく必要があるでしょう。
保育園や学童など、子供同士の集団生活の中での感性も多く、季節としては特に春夏にかけて感染率が高くなるので衛生面でも応じた対応をすることが望ましいでしょう。

皮膚のかゆみ

かゆみを感じる場合もさまざまな病気の可能性が潜んでいます。
代表的なものではアトピー性皮膚炎や特定のアレルギー症状などがあります。
どれも大人になってから発病するケースもありますが、子供の時期は初めて触れるものや食べるものが多く、因子を持っている場合に症状として表に出てきやすい時期でもあります。

かゆみを訴える場合はなるべく早めに皮膚科を受診し、アレルギーの可能性があるなら早期に検査しておくことで触れてはいけないもの、食べてはいけないもの、少しであれば大丈夫なものなどを知ることができてオススメです。
しかし、アレルギーの場合は環境要因や心因性である場合もあるため、人にはよるものの変化するので期間を置いてまた同じ検査をすると結果が違うということもあります。